椎名林檎がボーカルを務めるバンド・東京事変が1月11日、2月29日の日本武道館公演を最後に解散すると発表した。これに伴い、公式サイトにはメンバーからの声明が寄せられている。   

椎名は声明の中で「この周波数(バンド)をお楽しみくださったすべての方へ御礼申し上げます。短い間ではございましたが、いままで本当に有り難うございました。事変は来る閏日解散致しますが、我らの作品群は永久に不滅です」と感謝。そして、「我々が死んだら電源を入れて 君の再生装置で蘇らせてくれ さらばだ!」とコメントしている。

また、ベースの亀田誠治は「5人で空を鳴らした日々、最高値で駆け抜けた日々が、今、終わろうとしています。僕は、音楽家として人間として、胸いっぱいの愛を『東京事変』という名のタイムカプセルにつめこみました。ラストライブの幕が下りる時まで、一点のよどみない音を笑顔で鳴らしつづけることを誓います。そして、いつかまた、このタイムカプセルの扉が開かれる時が来ることを願って…7年間、ほんとうにありがとうございました!」とメッセージを寄せ、刄田綴色(ドラム)、浮雲(ギター)、伊澤一葉(キーボード)もそれぞれ感謝の言葉をつづっている。

なお、東京事変は1月18日にニューアルバム「color bars」を発売。2月14日からは3会場6公演(横浜アリーナ、大阪城ホール、日本武道館)のラストツアー「Live Tour 2012 “Domestique Bon Voyage”」を敢行し、2月29日の日本武道館でその活動に幕を下ろす。チケットの販売概要などはチケットぴあの特設ページ(http://t.pia.jp/feature/music/tokyojihen/)を参照。 

http://www.narinari.com/Nd/20120117098.html

, ,

mybid 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()